精液検査で不妊の原因を探る!まずは男性不妊か確かめよう

DNAの構造模型

精液検査をして不妊の原因を知ろう

フラスコと研究員

なかなか不妊の原因が分からない場合は、男性不妊が原因かもしれません。男性の不妊治療専門クリニックに相談に行くと、精液検査を勧められます。精液検査とは、男性の精液を検査して、精子の精液量、精子濃度、運動率、正常形態率を調べます。これらが基準値と比べてどれくらいの数値なのかによって、男性不妊の原因となりうるのか、否かの判断が出来ます。
しかし、精液の状態は、当日のコンディションや精液が作られるまでの期間の体調などによってばらつきがあります。そこで、多くのクリニックでは複数回受けることを勧めています。検査結果により、自然妊娠が難しい場合は、次のステップへと進む形になります。クリニックに行かなければ、治療法すら分からない事もあります。
不妊の原因が分からない場合にクリニックを受診するのはもちろんですが、まずは体質を知るためにも精液検査をしてみるのがおすすめです。精液検査は、大変なイメージがあるかもしれませんが、クリニック内での採取だけでなく、自宅で採取したものの持ち込みも可能です。持ち込みの場合は、採取から提出までの時間の期限があるので、クリニックによって確認が必要です。自分の体質を知ることが、不妊治療に役立つ可能性もあります。夫婦でよく話し合いながら精液検査を進めていくと良いでしょう。

不妊治療では精液を検査して精子の状態をチェックするのが一般的

男性の側に原因がある不妊を男性不妊と言いますが、精子の数が少ない場合や動きが悪い場合等に起こります。従来は女性側に重点を置いた不妊治療がなされてきましたが、男性不妊の場合はいくら女性の側に治療をしても効果が出ることはありません。
そこで、不妊治療に取り組んでいるけれどなかなか子供ができないという方は、男性の不妊治療専門クリニックに相談しましょう。代表的な検査方法は精液を調べることです。精液の採取はクリニックで行うこともできますし、自宅で採取して提出して受けられるところもあります。精液検査のためには痛みなどはなく、自分の任意の方法で射精して、その性液を検査します。
したがって、痛いのは嫌だという方も心配することはありません。原因がはっきり分かれば不妊治療もそれに合わせてアプローチできるので、男性側も一度検査してもらった方が良いです。仮に精子に問題がなかったとすれば、それはそれで原因を特定していきやすくなるので無駄になることはありません。男性の不妊治療専門クリニックの良いところは、男性不妊に対して理解があることです。なんとなく産婦人科の病院には男性不妊の相談がしづらいと言う方も、専門クリニックなら抵抗なく通うことができます。

精液の検査で男性不妊かどうか確かめてみよう

精液の中に精子がない、活動力が弱いといった原因で男性不妊は起こりますが、これは精液検査をすればすぐに分かります。採取した精液を顕微鏡で見ると、正常者との違いが一目瞭然となるからです。なんとなく男性不妊でないかと考えているなら、男性の不妊治療専門クリニックに相談してみてください。もし男性不妊だということが検査で明らかとなれば、治療をすることができます。
例えば、精索静脈瘤で血液の流れが悪くなっているのなら手術することで改善することがあります。ストレスが原因ならそれを取り除くための生活習慣の改善を行う必要がありますし、喫煙や暴飲暴食が原因ならそれを改めることで同様に改善されることはあります。検査をすれば簡単にわかることなのにそれを放置するのは、一番良くないことです。
それは当人たちにとっても努力しているのに子供ができないということで不安が募るばかりですし、これが原因で精神的に疲労してしまうこともあります。男性不妊専門のクリニックの良いところは、これを専門にしているだけあって一人一人にふさわしい方法で治療を考えてくれることです。新しい治療方法も専門クリニックにはいち早く導入されるので、他院でダメだったという方も相談してみてください。

ノートを書いている

専門クリニックは精液検査の能力も治療能力も高い

男性不妊かどうかは精液を検査することでわかるので、男性不妊が疑われる場合は男性の不妊治療専門クリニックに相談して精液検査をしてもらいましょう。精液の検査は精子の濃度や精子の異常などを調べることに…

MORE

INFORMATION

UPDATE POST

TOP